倉庫管理システム(WMS)倉庫管理システムロゴの画像

  • スライド3
  • スライド2
  • スライド1

W-KEEPERの特徴

POINT.1 汎用性と拡張性

汎用KEY

5種類の汎用KEY (在庫管理キー)で、ロット管理やSKU管理を行えます。

また、多様な業種・品目に則った引当条件を設定することができます。

拠点間移動

複数拠点管理では、拠点間を移送中の在庫を「移送中在庫」として別管理します。

これにより、払出・受入の各拠点で誤った入出荷処理が防止できます。

期限管理

製造年月日、賞味期限、入庫日のいずれでも入庫限度と出庫限度を管理することができます。

また、出庫限度は得意先・商品別に設定することで、よりきめ細かい期限管理が行えます。

帳票

帳票類はACCESSを利用しているので、お客様でも簡単に変更することができます。

POINT.2 豊富な機能

セット品管理

セット品管理では、構成品で在庫管理を行うことで親商品での論理在庫数を把握できます。

また、親品番での出荷指示で引当・出荷が可能です。

加工品管理

加工品指示では、指示商品(構成品)の引当や加工指示を行い、

自動的に完成品在庫へ張り替えて完成品として在庫管理が行えます。

温度帯管理

ロケーションを常温、定温、冷凍、冷蔵等の温度帯別に管理し、特性に合わせた

商品管理が可能です。

棚卸

循環棚卸、一斉棚卸や荷動きのあった商品のみを棚卸等の選択が可能なので、

運用に合わせた棚卸を行うことができます。

補充

ピッキングエリアの在庫数が補充点を下回った商品に対して、定期的に

リザーブエリアからの補充指示を出すことができ欠品を未然に防ぎます。

(緊急補充も可)

請求

荷主毎に保管料、荷役作業料を期制(1期、2期、3期)や日割で算定して

保管料明細書、諸掛明細書を作成できます。

また、データ出力(CSV形式)も可能です。

名義変更

保管中に名義変更が発生した場合、保管料の請求を名変元から名変先へ

自動的に計算します。

POINT.3 情報の可視化

進捗管理

入荷、出荷やピッキング作業等の進捗をリアルタイムに照会ができます。

遅れやトラブルの早期対応ができるため、遅延のないオペレーションが

可能になります。

トレーサビリティ

商品のロット単位に入出荷の追跡(入荷⇔出荷)が可能です。

また、同一ロットの庫内在庫の出荷止めにもご利用いただけます。

生産性分析

自動的に収集した作業者ごとの作業内容や実績を基にした生産性の情報を

ご提供します。

庫内要員を的確に再配置して作業効率の向上を図る事が可能です。

WEB照会

荷主にはインターネットを利用してリアルタイムな在庫や入出荷情報を

提供することができます。また、ダウンロードして2次利用も可能です。

スマートフォン向けに最適化された照会機能もご利用いただけます。

権限設定

担当者別に細かい使用権限の付与が可能で、管理者、一般社員、

パート従業員等で利用内容を制限し無用な情報開示による漏洩等を防ぎます。

履歴管理

入荷、出荷や庫内作業(移動、棚卸、在庫調整、品質変更、廃棄等)の

履歴を管理しているので、データを遡って検証が可能です。

POINT.4 グローバル対応

多言語対応

W-KEEPERすべての機能において、日本語、中国語、英語をログイン時に選択

することができます。もちろん、WEB照会機能(PC版、スマートフォン版)でも、

言語の選択が可能です。

Contactお問い合わせ

当社に関するご意見・ご相談などを承ります。

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る